塗料を扱い130余年、FUKUZUMIは皆様の様々なご要望にお応えします | 京都の老舗、福住商店

075-682-7158
平日9:00~17:00
京都市南区上鳥羽西浦町42

再塗装で「塗りにくい、乾かない」

ある機械製造のお客様からの問い合わせです。

部品メーカーよりメンテナンス用の塗料を分けてもらったそうですが、「塗りにくい、乾かない」という問題が発生しているそうで、本日伺ってきました。

部品メーカーからは「その塗料はスプレー塗装向きであるので、刷毛では塗れない」と言われたそうで、現場の方も「乾きが悪いので硬化剤が必要なのではないか」と仰っているそうです。

なぞなぞのような問い合わせでしたが、伺ってみて分かりました。

  • 塗料自体は、ラッカー系の塗料でした。(臭いで分かります)
  • 機械メーカーがスプレー塗装向きと言うのは正しかったです。
  • 現場の方が乾きが悪いと言われたのは、塗替えであったためラッカー系の塗料が旧塗膜を侵し、タックが表面に出てくることでいつまでも完全硬化しない状態が続くということでした。

旧塗膜を侵さない塗料を使用したほうがよいのですが、お客様としては、機械メーカーから無償で支給されている塗料を使われるとのことで、今回は、ハンドエアレスガン(電動霧吹きのようなもの)という道具を提案してきました。

関連する投稿

塗料の使用期限って・・??

カテゴリ;