京都で塗料を扱い130余年、FUKUZUMIは皆様の様々なご要望にお応えします。各種塗料からカッティングシート、車両ラッピング、ラベル/ステッカー製造まで。

075-682-7158
平日9:00~17:00
京都市南区上鳥羽塔ノ森東向町565

ついに登場「魔法ローラー」!

ヤグチ技工様が製造されている「魔法ローラー」。

当社でも取り扱いを始めました。

どういった商品かというと、「吹付柄が誰でも再現できる」といううたい文句の通り、改修工事において、爆裂部や欠損部、塗膜剥がれ部の下地処理で失われた既存吹付柄をローラーだけで簡単に復元できる、というものです。

今までの吹付柄のパターン復元は、吹付用の養生をした後コンプレッサーにタイルガンやリシンガンをつないで吹付で既存のパターンを復元するというものでした。

それに対してこの「魔法ローラー」は、ローラー用のタイルベースを使って、ローラーで吹付模様を復元できる、というもので、養生も最小限のナイロン養生で済みます。

パターン復元の工程としては、

  1. ① 最小限のナイロン養生、シーラー塗布
  2. ② ローラー用のタイルベースを無希釈でマスチックローラーを用い、均一に配り塗りをする(0.25Kg~0.5Kg/㎡)
  3. ③ 配り塗り完了後直ちに「魔法ローラー」に塗料用シンナーを付け同一方向に転がし、吹付柄を再現する

以上で完了です。

 

メリットとしては、

  • 養生が少量で済むこと
  • コンプレッサーや吹付ガンなどの道具が必要ないこと
  • ローラー用タイルベースでリシン柄が再現できること

などがあります。

デメリットとしては、

  • ローラーならではの塗り継ぎの筋が出やすいこと、
  • ローラー本体の単価が高いこと

などがあげられます。

全体でみると、養生にかける手間が大きく省けることや重い道具を運ばなくてよいことなどメリットの方が大きく感じます。もちろん使用したローラーは洗って再度使用することができます。

 

現状、吹放し玉模様・ヘッドカット模様・リシン模様の3つの柄があり、サイズは9インチ・7インチ・4インチの3種類があります。

(メーカーホームページより)

 

この「魔法ローラー」について問い合わせも増えてきております。

ぜひこの機会に一度使ってみませんか?

ご注文、お問合せお待ちしております。

 
 

[ギャラリーリンク=”ファイル” サイズ=”中” ids=”2737,2738,2739″]

 

反射塗料のご紹介

先日お客様よりいただいたお問合せの中で「反射塗料」といわれる塗料がありました。 今回はそちらについてのお話しです。 &n

Read More »