京都で塗料を扱い130余年、FUKUZUMIは皆様の様々なご要望にお応えします。各種塗料からカッティングシート、車両ラッピング、ラベル/ステッカー製造まで。

075-682-7158
平日9:00~17:00
京都市南区上鳥羽西浦町42

写真スタジオ専用エマルション塗料

今回は表題の通り「スタジオホリゾント専用エマルション塗料」をご紹介します。

この聞きなれないスタジオホリゾントという言葉ですが、簡単に言うと写真撮影用のスタジオのことです。

特徴は「外光を遮断し、床と壁のつなぎ目が緩やかな曲線でつながっている」ことにより撮影時に影ができにくいことがあげられます。

この特徴はスタジオの構造になりますが、これからスタジオホリゾントに使用する塗料の説明をします。

 

まず商品名は関西ペイントの「カンペSW20」、カタログには「撮影の様々なライティングや演出効果を最大限にサポートする」とあります。

この塗料の特長は、

①スタジオ専用の白色塗料である

②完全艶消しで底ヅヤもなく撮影時のヌケ(コントラスト)が良好である

③塗装時にローラー目が少なく肌ざわりの美しい均一な塗面が得られる

④塗料の伸びが優れる

⑤付着性がよく、耐水性・耐洗浄性も優れる

⑥塗り重ねで厚膜になった場合でも、従来品に比べワレにくい特性がある

というものです。

とくに写真スタジオにおいて重要なのは②、⑤、⑥になると思います。

②は撮影の仕上がりに影響すること、⑤と⑥は使用してからのメンテナンスに関わることだからです。

また施工される塗装店様においても③や④など作業性や仕上りがよいことは、塗料を使用していただくにあたり重要なことになります。

 

そして今回はある塗装店様にこちらの「カンペSW20」を使用していただくことになりました。

下塗りからパテ処理、研磨、中塗り、上塗りまで全部で7工程ある仕様になりますが、仕上りが楽しみです。

色は白のみになりますが、完全艶消し塗料といわれる商品は少ないので(※1)、今後はスタジオ以外でも使用していただけるよう提案できたらと思います。

(※1)内装に使用される艶消しのエマルション塗料でも1~2分艶程度は底ヅヤがあることが多い。