京都で塗料を扱い130余年、FUKUZUMIは皆様の様々なご要望にお応えします。各種塗料からカッティングシート、車両ラッピング、ラベル/ステッカー製造まで。

075-682-7158
平日9:00~17:00
京都市南区上鳥羽塔ノ森東向町565

刷毛やローラーで塗れるメタリック塗料

今回は表題の通りメタリック塗料をご紹介します。

商品はベンジャミンムーアペイントの「メタリックアンドパールペイント」です。

 

 

以前から商品としてラインナップされており、取り立てて新しい塗料ではないのですが、今回取り上げたのはこの商品の日本での販売が終了することになったからです。

先日確認したところではまだ国内に少量の在庫があるということで、使用用途のある方はぜひこの際にお買い求めいただければと思います。

ラインナップはメタリック・パールで5色展開、5分艶程度の艶があり、約0.9L缶での販売になります。

 

 

今回はお客様よりお問い合わせをいただきこちらの商品を紹介し販売させていただいたのですが、その内容を紹介したいと思います。

お問合せの内容は、ホテルのモデルルームの塗装を行う際に木製の枠をゴールドのメタリックで塗装したいというものでした。

通常のメタリック塗装はスプレー塗装で行い、メタリック抜き塗装~メタリック塗装~クリヤー塗装という工程で行います。

今回のお話ではスプレー塗装をするのが状況的に難しく、刷毛での塗装しかできない状況での塗料の選定でした。

この「メタリックアンドパールペイント」の良いところは、2回から3回塗り重ねが必要ですが、1種類の塗料で塗装をすることができるというところです。

 

特に今回のモデルルームのような見た目重視の場合は重宝する塗料です。

(モデルルームの場合、実際に使用することはないので密着性などはそこまで重要でなく、作業性や見た目のイメージが重要になる)

※本施工の場合は、下塗りに「フレッシュスタートプライマー」を使用することで密着性が向上する。

 

 

実際に使用していただいた感想は、「塗りやすいが透けやすい」「下塗りが無くても密着は良さそう」とのことでした。

そのためやはり2~3回塗り重ねて仕上げたそうです。乾燥が早いので2~3回塗っても一日での仕上げが可能です。

 

 

この塗料ならDIYでお部屋の雰囲気を変えたい時や、ワンポイントでメタリックに仕上げたい時など、金属部分から木部、ビニールクロスまで幅広く塗装可能です。

国内在庫限りとなりますが、最後のチャンスなので気になった方はぜひお問合せください。

 

 

 

追記になりますが、刷毛・ローラーで仕上げるメタリック塗料として、以前ご紹介したインターナショナルペイント製品の「水性カラーメタリック」もございます。

塗料の性能としては同じ水性で塗装工程も変わらないためベンジャミンムーアに近く、色数も多いものになります。

 

ただしこの「水性カラーメタリック」は、お客様のご使用にあたって試験塗装を行い、仕上り感・塗装方法・メタリック塗装の特性等の確認をメーカーが求めています。

今回こちらを推奨、使用しなかったのは、その試験塗装をする時間が取れなかったということと、まだ弊社からの販売実績がなく現場での使用感が全く分からなかったからです。

 

これについては弊社でもサンプル塗装などを行い、お客様へご提案する前に塗料に触れる機会を作っていくことで解決したいと思います。

その上でメリットやデメリットなどを把握し、ベンジャミンムーアの「メタリックアンドパールペイント」の代替品として今後の販売につなげたいと考えております。

 

 

 ↑ ベンジャミンムーア「メタリックアンドパールペイント(ゴールド)」

反射塗料のご紹介

先日お客様よりいただいたお問合せの中で「反射塗料」といわれる塗料がありました。 今回はそちらについてのお話しです。 &n

Read More »